スポンサーサイト

  • 2010.06.01 Tuesday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


<普天間移設>野党攻勢強める 閣僚の不信任案で揺さぶり(毎日新聞)

 米軍普天間飛行場移設問題で社民党が鳩山由紀夫首相の方針に異論を唱え、政府の迷走が極まる中、野党は攻勢を強めている。自民党は28日以降、関係閣僚の不信任案を連発して鳩山政権を揺さぶる構え。民主党の小沢一郎幹事長の国会招致など一連の要求がことごとく袖にされてきただけに、他の野党も同調する方針で、6月16日の会期末をにらんだ攻防が激化しそうだ。【中田卓二】

 社民党党首の福島瑞穂消費者・少子化担当相が28日の閣議で政府対処方針に署名しない考えを表明したことは、野党側の絶好の追及材料になった。自民党の谷垣禎一総裁は27日の記者会見で「閣内不一致どころか『閣(核)分裂』だ」と指摘。「福島氏が閣内にとどまるなら不信任案の提出も考慮しなければならない」と明言した。

 野党は28日に幹事長・書記局長会談を開き、内閣不信任決議案の提出も含めた今後の対応を協議する。併せて、自公両党は口蹄疫(こうていえき)感染拡大を巡っても赤松広隆農相の不信任案を週明けに共同提出する方針だ。

 一方、自民、公明、共産、みんなの野党4党は27日、与党が27、28両日の衆院総務委員会で郵政改革法案の審議を終えようとしたことに反発し、横路孝弘衆院議長に抗議した。このため衆院本会議の開会が遅れ、与党は27日の総務委員会開催を断念。近藤昭一総務委員長(民主)に対する解任決議案は本会議で否決されたが、公明党の稲津久衆院議員は討論で「参院選を前に業界団体の票をつなぎ留めておきたいというゆがんだものだ」と郵政法案の審議を急ぐ与党を皮肉った。

 これまで自民党と一線を引く場面が目立った共産党も共闘にかじを切った。穀田恵二国対委員長は「小沢氏の鶴の一声で労働者派遣法改正案と郵政法案を遮二無二通す。(民主党の主張する)国会活性化がいかにでたらめだったかを鮮やかに示している」と批判した。

【関連ニュース】
普天間:首相「理解に努力する」 社民党の閣議署名拒否
普天間:社民党「辺野古」政府方針に反対 閣議署名も拒否
普天間移設:政府方針「辺野古」抜き 福島氏はそっぽ
普天間移設:「あまりに許せない」 沖縄から激しい怒り
岡田外相:「率直に認める」普天間移設5月決着できず

<花火>「天日干し」で仕上げ 愛知・豊橋(毎日新聞)
加藤被告に刺され死を覚悟…「仕事や家族、全てのこと考えた」(産経新聞)
<オランウータン>21年ぶりの赤ちゃん誕生 札幌・円山動物園(毎日新聞)
郵政改革法案 衆院本会議で可決 参院に送付へ(毎日新聞)
社民党 連立離脱9割方が支持 反対意見のみこむ(毎日新聞)

普天間、14年移設完了に全力=官房長官(時事通信)

 平野博文官房長官は20日午後の記者会見で、米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の移設を完了する時期について「(日米が合意している)2014年という一つの区切りがあるわけだから、それに向けて全力を尽くす」と述べた。
 移設時期をめぐっては、北沢俊美防衛相が午前の参院外交防衛委員会で「(14年までに)かっちりできるのかとなると、なかなか難しい」と語った。 

【関連ニュース】
【特集】世界の航空母艦〜米ニミッツ級から中国の空母建造計画まで〜
【特集】沖縄と米国海兵隊〜ペリーと黒船でやって来た海兵隊〜
【特集】迷走!普天間移設〜政府、5月決着を断念〜
【特集】米国海兵隊兵器総覧〜沖縄に配備されているのは?〜
増税なしでデフレ脱却、財政再建は可能〜みんなの党・渡辺喜美代表インタビュー〜

花粉症になったら、こんな食べ物にご注意!
拡大防止に理解を=口蹄疫ワクチンで鳩山首相(時事通信)
皇太子さま、「みどりの愛護」のつどいに(時事通信)
「閉塞感 解決しない」大阪市議補選で平松市長(産経新聞)
辺野古移設、断じて反対=福島社民党首(時事通信)

入管 収容者が待遇改善求めハンスト 今月10日から(毎日新聞)

 「牛久入管収容所問題を考える会」(茨城県つくば市)は14日、東日本入国管理センター(同県牛久市)に収容されている外国人約390人のうち男性約70人が待遇改善を求め今月10日から食事を取らないハンガーストライキを続けていることを明らかにした。同会の田中喜美子代表は記者会見で「センターの対応次第では、17日からさらに約40人がハンストに参加すると言っている」と話し、早期の仮放免実現などを訴えた。

 同会によると、ハンストしているのは12カ国以上の男性で、ほとんどが難民認定申請者という。同会メンバー7、8人が今月12日、センターを訪れ、60人以上の収容者と面会。直接、間接的に確認できたハンスト参加者を集計したという。一方、センターは毎日新聞の取材に「ハンストは38人で始まり、14日現在で32人に減った」と述べ、参加者数に食い違いがある。

 記者会見で田中代表らはセンターの実態について、一室に5〜10人を収容し、1日数時間しか室外に出られないと指摘。入管法で仮放免にはセンター所長が定める保証金(上限300万円)が必要だが、同センターでは50万円以上を求められることが多く、保証金が用意できないために収容期間が長引くケースが多いという。同センターによると、今月7日現在で、1年以上の収容者は50人いる。

【高橋慶浩】

【新・関西笑談】Salad City KOBE(4)(産経新聞)
海賊版「アバター」DVD販売=容疑の男、逮捕逃れ店舗転々−大阪府警(時事通信)
車に女性押し込み現金強奪=監禁10時間、容疑で男ら逮捕−警視庁(時事通信)
将来の県外・国外移設検討を=普天間で首相に要請−民主・山岡氏(時事通信)
ジェイテクト、井川副社長が順当に社長昇格(レスポンス)

「打たれても美しく」=アヤメにならい自身を鼓舞? −鳩山首相(時事通信)

 鳩山由紀夫首相は3日、都内で開かれた俳優船戸順さんと日本舞踊家岩井友見さん夫妻の芸能生活50周年と40周年を祝う会に出席した。岩井さんが「あやめ」という演目の踊りを披露した後、あいさつに立った首相は「司会者がアヤメは雨に打たれても美しく咲いていると(言っていた)。私もどんなに打たれても美しく行動できれば」と語った。
 米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の移設案を説明する沖縄入りを翌日に控えた首相は、地元の激しい反発を予想し、自らを鼓舞したようだ。 

【関連ニュース】
【特集】沖縄と米国海兵隊〜ペリーと黒船でやって来た海兵隊〜
【特集】迷走!普天間移設〜5月中の決着は?〜
【特集】米国海兵隊兵器総覧〜普天間配備の軍用機は?〜
増税なしでデフレ脱却、財政再建は可能〜みんなの党・渡辺喜美代表インタビュー〜
なれ合い政治から脱却を〜自民党・園田幹事長代理インタビュー〜

小沢環境相、水俣病患者団体と懇談=鳩山首相も、初の慰霊式出席へ(時事通信)
<強盗>金券店から2人組250万円奪う 大阪駅前ビル(毎日新聞)
うれしいのは時間より“気持ち” 母の日のプレゼント(産経新聞)
無職男性が自宅で変死 鼻から出血、家族が見つける 千葉(産経新聞)
<俳句>大高翔さんがエール大で「塾」 学生らユニーク表現(毎日新聞)

公明・山口代表、26日に沖縄県知事と会談へ(産経新聞)

 公明党の山口那津男代表は22日の党中央幹事会で「沖縄の皆さんの申し入れを受け止めたい」と述べ、26日に沖縄を訪問し、仲井真弘多知事と会談することを明らかにした。米軍普天間飛行場(同県宜野湾(ぎのわん)市)の移設問題などについて意見交換する。移設問題に対する鳩山政権の姿勢に関しては「県民は戸惑っている。普天間基地の厳しい現実を自ら直視し、県民の思いを直接肌で感じる姿勢がなければ、沖縄および国民の皆さんの理解を得ることはできない」と批判した。

【関連記事】
公明・山口氏「首相は説明責任、政治責任を取るべき」 首相元秘書有罪
徳之島移転を追求姿勢 首相、5月15日に鹿児島県訪問へ 普天間問題
公明・山口代表、民主「政治とカネ」より厳しい対策を
防衛相が普天間問題で「極めて大変」参院外交防衛委員会で
普天間問題、今週中に政府案決定 官房長官が意向

山崎飛行士 優希ちゃん抱きつく 家族と15日ぶりに再会(毎日新聞)
名古屋市議会 恒久減税など再提案 可決可能性低く(毎日新聞)
<訃報>見掛道夫さん88歳=元阪神タイガース社長(毎日新聞)
医療データベースの数値目標を了承―厚労省懇談会(医療介護CBニュース)
松本死刑囚への崇拝継続=09年オウム活動状況−公安調査庁(時事通信)

<児童買春容疑>警視庁委嘱の51歳補導員を逮捕(毎日新聞)

 女子中学生にわいせつな行為をしたとして、警視庁少年育成課は16日、東京都武蔵村山市神明3、不動産会社経営、峯岸一郎容疑者(51)を児童買春禁止法違反容疑で逮捕したと発表した。同課によると、峯岸容疑者は03年4月から警視庁の少年補導員を委嘱され、東大和署管内でボランティアの補導活動をしていた。峯岸容疑者は「若い女性に興味があった」と容疑を認めているという。警視庁は近く峯岸容疑者を解職する方針。

 逮捕容疑は09年12月8日、千葉県浦安市内のホテルで、いずれも都内の中学2年の女子生徒(14)2人が18歳未満と知りながら、それぞれ10万円を渡し、わいせつな行為をしたとしている。中学生とは09年9〜10月ごろ、携帯電話を使ったテレクラのツーショットダイヤルで知り合い、これまでに同様の行為を4〜5回したという。【町田徳丈】

【関連ニュース】
児童ポルノ:3少年は元被害者 報酬渡されグループに
強制わいせつ容疑:警視庁課長代理を再逮捕
盗撮:駅で女性のスカート内 JR運転士逮捕…千葉
児童ポルノ:男児専門サイトを摘発 主宰の男ら逮捕
中尊寺:僧侶逮捕 女子高校生にみだらな行為した疑い

窓口の明細書発行、入金機利用が大半なら希望者のみで可(医療介護CBニュース)
決起せよ、団塊政治家(産経新聞)
水俣病「救済措置」を閣議決定…全面解決へ(読売新聞)
日医、自民候補推薦撤回見送り(産経新聞)
<山崎直子飛行士>赤いシャボン玉できた 長女の疑問に実験(毎日新聞)

消費税率、11年度から上げ提言=「毎年2%」−持続的成長に不可欠・経団連(時事通信)

 日本経団連は13日、新たな経済成長戦略に関する提言を発表した。それによると、持続的成長のためには税制・財政と社会保障制度の改革、健全化が不可欠として、消費税率を「2011年度から速やかかつ段階的に10%まで」引き上げ、社会保障費の増加分に充てるべきだと指摘。上げ幅としては「毎年2%ずつ」を例示、中期的な目標として「2020年代半ばまでに10%台後半ないしそれ以上」とすることを求めている。
 経団連は今回の提言を、政府が6月に策定する新成長戦略や中期財政フレームに反映させるよう政府・与党に働き掛ける方針だ。
 提言は消費税に関連して、所得が低いほど負担が重くなる逆進性の解消のため、税率が10%となった時点で、低・中所得層の食品や衣料など生活必需品に掛かる負担増分を定額還付する制度の導入を提唱。同時に、個人の所得や社会保険給付の状況を一元管理する「社会保障・税共通番号制度」を13年度にも実施するよう求めた。
 さらに、財政再建に向けた歳入歳出改革法(仮称)の制定や、国・地方を通じた新たな財政健全化目標の設定を促している。 

【関連ニュース】
民主党が担う「産業構造転換」の時代錯誤
デフレ脱却へ物価目標2%=消費税の前に無駄削減
消費税、凍結見直し必要=増税争点に衆院解散も
デフレ克服に増税必要=財源確保で菅財務相
平沼氏、参院選10議席目標=公約に消費税10%明記

<事業仕分け>独法、57の研究系を整理統合 人件費削減へ(毎日新聞)
スーダンに陸自ヘリ 政府、派遣を検討 PKOで初 (産経新聞)
討論 郵政改革案 岸博幸氏「民業圧迫は許されない」(産経新聞)
殺人 長男が家族5人刺す 父親と乳児死亡 愛知・豊川(毎日新聞)
馬毛島に米軍訓練移転=沖縄負担軽減へ政府検討(時事通信)

橋下知事の法律事務所に包丁男、訴訟トラブルで(読売新聞)

 7日午後5時35分頃、橋下徹・大阪府知事が代表を務める「橋下綜合法律事務所」(大阪市北区西天満)から、女性の声で「訪ねて来た男が帰ってくれず、トラブルになっている」と110番があった。

 天満署員が駆けつけたところ、事務所内にいた男が、ジャンパーの内ポケットにタオルで包んだ包丁(刃渡り20センチ)を隠し持っていたため、銃刀法違反(所持)容疑で現行犯逮捕した。事務所内には弁護士ら男女計7人がいたが、けが人はなかった。

 同署によると、自称高知市の自営業大久保利賢容疑者(58)。同事務所に所属する男性弁護士が、大久保容疑者が原告となって起こした貸金返還請求訴訟の被告だった男性の代理人だったといい、同容疑者は「裁判は終わったが、まだ30万円ほど返してもらっていない。男性と話がつかないので、弁護士になんとかしてもらおうと思った」と話しているという。

<高速割引財源>道路建設転用は1.3兆円 政府方針(毎日新聞)
発砲 西部ガス役員宅近くに数個の薬きょう 福岡(毎日新聞)
殺人未遂 警官2人刺され重軽傷 男は逃走 長崎・佐世保(毎日新聞)
「勝手に俺の写真撮った」女子高生を連れ去ろうとした男を逮捕 警視庁(産経新聞)
邦人カメラマン死亡 職場で黙祷 ロイター通信・村本さん 貧困支援も(産経新聞)

宇宙へ夢広げたシャトル=山崎飛行士が日本人最後☆2(時事通信)

 ◇貨物船で国際貢献
 「地球はどこか。ふっと上の窓を見たら、青く輝いていて、びっくりした。ガガーリンの言ったことが分かった瞬間だった」。毛利さんのシャトル初飛行の思い出だ。
 旧ソ連、米国、中国は有人宇宙船を開発したが、日本はシャトルに乗せてもらう道を選んだ。「シャトルがなければ、H2ロケットで有人飛行を目指したかもしれないが、かなり遅れていただろう」。
 毛利さんは「ソ米中の有人飛行は軍事戦略の一環だったが、日本は平和利用目的、科学技術のためにスタートさせた」と強調する。有人船がなくても、きぼうでの宇宙実験の質は世界トップであり、H2BロケットでISSに無人貨物船(HTV)を打ち上げることで、日本の存在感が増していると語った。
 ◇「宇宙飛行機」を
 シャトルが退役すると、宇宙船の主役はロシアや中国のカプセル型に逆戻りする。毛利さんは「とても惜しい」と話し、将来は地球上空と宇宙を自由に飛ぶことができる後継の「宇宙飛行機」を、日本も参加して国際協力で開発することに期待を示した。
 当面は、片道飛行で帰りは廃棄処分されるHTVを改良し、実験成果試料が入ったカプセルを地上に回収できるようにすることが、緊急の課題という。 

シャトル 「夢の宇宙楽しんで」同級生らがエール(毎日新聞)
かわいそうなのは首相と谷垣氏(産経新聞)
首相、あす滋賀県入り(時事通信)
公立・私立高「格差」残る…授業料無償化法成立(読売新聞)
預金保険料減額も一案=郵政「民業圧迫」批判で−原口総務相(時事通信)

【社説検証】生方発言騒動 民主に自浄努力迫る産経、朝日も小沢氏に期待せず(産経新聞)

 民主党の生方幸夫副幹事長による産経新聞のインタビュー「単刀直言」(17日付)での発言を党執行部が問題視し、いったんは強引に解任を決めた。その決定が23日に撤回されるに至る騒動が、政権を握る民主党のアキレス腱(けん)を露呈した。

 発言の核心は、資金管理団体の政治資金規正法違反事件に伴う小沢一郎幹事長の進退問題と政治手法に言及した部分だ。

 「今の民主党は権限と財源をどなたか一人が握っている」

 「幹事長をお辞めになるべきだという意見が多い。小沢さんがしかるべき場所できちんと説明するのが第一。それで国民の納得が得られなければ自ら進退を考えるしかないです」

 世論調査からうかがえる国民の声をふまえた率直な意見である。役職を解任しようとした民主党執行部に対し各紙の社説は「愚挙」(朝日、毎日)、「言論封殺」(読売、朝日)などと非難の文言を並べた。

 図らずも「生方発言」騒動の震源地となった産経は、小沢氏が事実上の最高実力者である民主党の実態を「独裁」と単刀直入に指摘した。

 「執行部にとって耳の痛い話も聞き、おかしなところを是正するのが民主主義社会における政党の姿である。それを認めることなく、排斥してしまうのを『独裁』という」

 「小沢氏をおもんぱかって執行部が解任を急いだのであれば、独裁的体質が党組織に蔓延(まんえん)している証左だ」

 朝日は「小沢独裁」と表現し、批判の矛先をとくに小沢氏個人に向けていた。

 「小沢氏が選挙の公認権と政党交付金などの配分権を握っているのは紛れもない事実だ」

 「いまさら氏に改心は期待できまい」

 しかし、自らの「政治とカネ」の問題で説明責任を果たしていないのは、鳩山由紀夫首相も同様だ。いったんは生方氏の解任に同意した民主党のトップ2人について、読売は「二人とも『政治とカネ』をめぐる自らの責任問題への波及を恐れた、保身ゆえの判断とみられても仕方があるまい」と断じた。

 このほか、「物言えば唇寒し、が党風となれば、民心は離れ、待っているのは自滅の道である」(東京)、「政権交代してから、民主党内で自由に議論ができる場や機会がなくなったことこそが問題」(日経)などと、民主党が抱える構造的欠陥を突いた論説が目立った。

 毎日は「従来の政治にない清新さを期待し政権交代を選択した有権者の目に、古い体質の締め付けはどう映るだろう」と嘆いている。

 今回は各紙の論調に違いを見いだすことが難しかった。強いて違いを挙げれば、朝日と毎日が、小沢氏抜きでの民主党刷新への期待を滲(にじ)ませていることだろうか。

 騒動は結局、各紙の社説にみられるような世論の猛反発を受け、解任撤回で決着した。ここでも小沢氏が登場した。生方氏に対し、「もう一度、一緒にやってくれないか」と続投を要請したという。

 産経と朝日が24日付で再び論じた。朝日が、何よりけじめをつけるべきは「小沢氏の政治責任」としたのに対し、産経は民主党全体の自浄作用を強く求め、猛省を促している。

 「批判かわしの処分撤回なら許されない」

 民主党への逆風は当分おさまりそうにない。(鳥海美朗)

 ■生方民主党副幹事長の発言騒動をめぐる各社の社説

 産経

 ・自浄努力を封じる愚かさ(20日付)

 朝日

 ・幹事長室に風は通らない(21日付)

 毎日

 ・党を暗く閉ざすのか(20日付)

 読売

 ・言論封じた民主の強権体質(22日付)

 日経

 ・「小沢民主党」に言論の自由はないのか(21日付)

 東京

 ・それが民主党らしさか(20日付)

【関連記事】
生方氏「小沢氏は何らかの形で責任を」
小沢氏、生方氏らに苦言「政権与党の認識甘い」
批判は許さん!小沢取り巻き“生方イジメ”過熱
「執行部は国民に謝罪を」 解任撤回で民主・生方氏
生方氏の解任撤回 小沢氏も支持率低下、世論の批判にたえられず
あれから、15年 地下鉄サリン事件

パトカーなど衝突 警察官ら2人死亡(産経新聞)
首相元秘書、起訴事実認める…偽装献金初公判(読売新聞)
新たに男2人、容疑で逮捕=工事現場に男性遺体遺棄−茨城県警(時事通信)
逮捕男の車内から血液=東京・福生の路上殺害−警視庁(時事通信)
「しんぶん赤旗」配布で2審は逆転無罪(産経新聞)

calendar
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>
sponsored links
リンク
副業
クレジットカード現金化 即日
無料ホームページ
即日現金化
ショッピング枠現金化
競馬サイト
selected entries
archives
recent comment
  • <普天間移設>野党攻勢強める 閣僚の不信任案で揺さぶり(毎日新聞)
    豚村 (06/12)
  • <普天間移設>野党攻勢強める 閣僚の不信任案で揺さぶり(毎日新聞)
    カドルト (01/12)
  • <普天間移設>野党攻勢強める 閣僚の不信任案で揺さぶり(毎日新聞)
    サキューン (12/29)
  • <普天間移設>野党攻勢強める 閣僚の不信任案で揺さぶり(毎日新聞)
    リョータ (12/25)
  • <普天間移設>野党攻勢強める 閣僚の不信任案で揺さぶり(毎日新聞)
    ポリエモン (12/20)
  • <普天間移設>野党攻勢強める 閣僚の不信任案で揺さぶり(毎日新聞)
    モグモグ (12/17)
  • <普天間移設>野党攻勢強める 閣僚の不信任案で揺さぶり(毎日新聞)
    パイン (12/12)
  • <普天間移設>野党攻勢強める 閣僚の不信任案で揺さぶり(毎日新聞)
    ヘッド (12/08)
  • <普天間移設>野党攻勢強める 閣僚の不信任案で揺さぶり(毎日新聞)
    俊之 (12/04)
  • <普天間移設>野党攻勢強める 閣僚の不信任案で揺さぶり(毎日新聞)
    しゅうじん (11/20)
recommend
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM